うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと

主に夢日記を綴る予定です。
タイトルは小説漫画映画歌コピー等々から。
コメントはどなたも遠慮無くどうぞ。
私の小説創作サイト「まほろばの夢」はこちら。
http://doll.secret.jp/dream/dream_index
その野蛮な面は何かの障りじゃ。
き、気味の悪い夢を見てしまった。
気味が悪い上になんだか支離滅裂な。
今日の夢日記は本当に気持ち悪いところがあります。
悪夢のたぐいだと私は思っているので、嫌な方はどうぞ読まれませんように。


夢の中で私は、私を含めて三人で行動していました。
二人は私より年長の女性と男性でしたが、三人の関係はいまいちよくわかりません。
家族でないことは確かです。
そもそも夢の中での私の性別も男なんだか女なんだかはっきりしないし、年齢はかろうじて十代らしいということぐらいでしょうか。
十代半ばぐらいだったのかなあ。
男性は二十代前半から後半までのどれにでも見える感じで、女性は四、五十代でしょうか。
私たちがいたのはその女性の母親が経営しているっぽい学校のようなたいそう立派なホテルのような何かのパーティなんかに使われる会場のようなところでした。
広いホールがあって、そこで時代物っぽい紳士淑女が食事していたけど、音楽室みたいな広い教室(大学の教室みたいな)もあったし。
服は全体に相当時代がかっています。
それも日本じゃなくて西洋の。

覚えている夢の最初は、その広いホールに三人で向かっているところでした。
私がどうやら食事を嫌がっていたのですが、男性の方に無理矢理抱きかかえられて連れて行かれています。
で、そこで何かこう言ってはいけないようなことを私が言ったようなのですね。よく覚えてないけど。
すると男性は私を2,3才の子をだっこするときみたいに自分に向き合わせて抱えなおしました。
そんでもって怒られたりはしなかったけど、恐ろしいことにいきなり血を吸われてしまったのです。
夢の中で私は動揺していませんでしたから、知っていたんでしょう。
しかし当然、それは周囲にばれてはいけないことなわけで。
私はずきずきと痛んでうっすら血が滲んでいる首筋を抑え、ホールに入ってすぐ、別の扉から廊下に出ました。
出た廊下は先ほどホールに向かっていたときに通ったような明るくて広いものではなく、いかにも裏方の人間が使うような、客が通ることはまずないような薄暗くて狭いところでした。
そこに入ってすぐ、私はなんだか苛々し始めます。なぜかはわかりませんが、無性に腹が立っているのです。
そこに向こうから生徒なんだか従業員なんだかわかりませんが、十代の女の子が歩いてきます。
私は彼女に声をかけ、なんだったかは忘れましたが言葉巧みに彼女をすぐそばの部屋へ招き入れました。
そこが、大学の教室みたいな広い部屋で隅にグランドピアノが置いてある音楽室、だったのですが、そこに入るなり彼女があれ?という顔をします。
私はすぐにドアを閉め、悲鳴を上げようとする彼女の口を手で覆いました。
それから、なんだか驚く程細い彼女の首を絞め、抵抗力が弱まったところで先ほど彼にされたのと同じように彼女の血を吸い始めました。
どうやら私たち三人は皆、いわゆる吸血鬼だったようです。
ですが、夢の中の私は普段どうやら吸血によって相手を殺すことはないらしく、彼女の顔がだんだん青ざめて体が冷たくなっていき、弛緩したせいか尿が漏れているのを感じて気味が悪くなってきます。
嫌な気分になりながら、でもどこか冷静に「死にかけでも死んでしまってからでも血の味はあまり変わらないんだ」なんてことを考えていました。
彼女が文字通り真っ白になってしまってから、私はやっと口を離し、彼女をドアの前に転がします。
私と彼女が入ってきたドアはどうやら教室の後ろのドアのようです。
そして私が教室の前、黒板がかかっているはずのところを見るとそこは黒いカーテンで黒板が覆われており、その中程が奇妙にふくらんでいました。
私はそこに向かって「誰かいるなら出てこい」と声をかけます。
そこから出てきたのは、あきらかに学生らしい制服を着た少年でした。
17,8才ぐらいでしょうか。
夢の中の私は彼を知っていて、非常に頭は良いけれども無口で何を考えているかわからない、少し陰気なところのある生徒、という印象を持っていました。
彼は私が教室に入ってきてからの一部始終を見ていたようですが、動揺するでもなく、まっすぐ私にむかって歩いてきます。
そして、目の前まで来ると袖をまくり上げた腕を差し出してきました。
どうやら、「今見たことは誰にも言わない。その証に自分の血を差し出す」ということのようです。台詞を正確には覚えていませんが。
私はほんの少しだけ彼の血を吸い、それが先ほどの彼女と比べて熱いことに驚きながらも、彼を解放し、彼が教室を出て少ししてから、同じように前のドアから教室を出ました。
教室を出てすぐ向かいにある部屋に入ると、どうやらそこが私と私の連れの三人に宛われた部屋の一つのようで、中には連れの男性だけがいました。
彼は床に直接座って、どうしたの、と聞いてきます。
私は即座に「今一人殺してしまったから早くここから出て逃げないと」というようなことを言います。
生徒の一人に見つかってしまったがその少年は誰にも言わないと血を差し出したこと、でもそれがどこまで信用できるかはわからないこと、死体は音楽室にあり、おそらく朝までは誰にも見つからないであろうこと、などをまくし立て、早くもう一人の連れにも教えなければと焦ります。
男性が、今が夜でよかった、死体を処理する時間ができた、というようなことを言っていると、もう一人の連れである女性が彼女の母とともに戻ってきました。
そこでもう一度事情を話し、出ていく準備を始めます。どうやら連れの女性の母親は私たち三人のことを知っているようです。
ここで初めて連れ二人と女性の母親の外見がはっきりしたのですが、男性は長い黒髪で細身、女性は茶色っぽいボブで小柄、女性の母親は見事な銀髪を結い上げていて娘よりも背は高いようでした。
さらにここで笑えることに、私と女性の荷物が驚く程多いのです。
二人ともこんな風に急にその場を後にすることに慣れているのか、荷物を詰める手際は非常にいいのですが、それにしたって多すぎる。
どう考えても旅から旅の生活をしているものの荷物量ではありません。
バタバタと出発の準備を二人がしている間に、男性は死体の処理の算段をつけていました。
私は心の隅に人を殺してしまった奇妙な感覚、違和感、なんだか気持ち悪い感じを抱えながらも、準備に追われ、その後無事出発したのかどうかよくわからないまま目が覚めました。
| | 23:03 | - | -
公僕が当然の職務に精を出している姿は、納税者にとっては非常に心の休まる光景でね。
久しぶりに夢を覚えている状態で目が覚めました。
結婚した男友達の家に遊びに行く夢でした。
確か、5,6人で行く予定だったのが私だけ仕事が入って遅れることになって。
「遅れついでに結婚祝い買って来て」と他のメンバーに頼まれて色々と探していました。途中で先に行っていた友人から電話が入ったり、結婚祝いにはこれがいいよ、と変なお皿を店員に勧められたり。
その後どうなったのかはよく思い出せませんが、なにやら包みを抱えてマンションの入り口に立ってましたから、たぶんお祝いは買えたんでしょう。
で、その後に今度は自宅に荷物が届く夢を見まして。
日本酒が三本。二本が同じやつで、一本妙にいいのが入ってました。
飲む前に目が覚めちゃったけど。

| | 15:06 | - | -
さすが国技が戦争ってやつらは、やることがちがうわよね!
今朝は久々にくっきり夢を覚えているまま目が覚めました。

夢の中で、私は男女二人の友人とレポートを書いています。
どうやら二人ともゼミの友人という設定のようです。
場所は、男友達の実家の所有しているビル。というかデパートの中。
なんでそんなとこでやってるのかは謎ですが、本屋のあるフロアの裏方の部分でレポートを書き、調べ物があるときはお店の方へ行って調べる、という図書館みたいな使い方をしていました。本屋なのに。
実際にレポートを書いている場所は、少し薄暗く、そこそこの広さ。
まだ店に並べられていないらしい本が、作りつけの本棚に並んでいます。
その日はデパートが休館らしく、人はいませんでした。

と、突然。
同じ部屋でレポートをしていた男の方が暴れはじめました。
どうやら、切羽詰まって少しおかしくなったようです。
私ともう一人の女の子の二人は最初落ち着かせようとしたのですが、全然だめ。手に負えません。
同じビル内にいるはずの彼の父親を呼んでこようと思ったら、どうやらそっちも何かで切羽詰まっているのかぶつぶつ呟いていて危ない感じ。
こうなったら、逃げるしかない。怖いし。

というわけで、外へと逃げ出して別方向に走ったのですが、なぜか彼は私の方を追いかけてきます。
しかも、その手にヌンチャクを持って。
黒いヌンチャクは、彼が着ていたジャケット(青系だったと思う)の内側から取り出していました。
で、それを振り回しながら追いかけてくるわけです。
怖いってば。
私は必死で走ります。助けを呼ぼうと思っても、怖いのと喉がからからに乾いているのとで、声が上手く出ません。
どうやら私が走っている辺りは住宅街のようで、籠もってレポート書いていたから気づかなかったのですが、この夢の中は平日の昼間のようです。
つまり、すごく静かなんです。
夢だからか、ちょっと静かすぎるくらいでした。

ひたすら必死に逃げ回る私と、わけのわからない雄叫びを上げながら凶器を振り回して追いかけてくる男。
夢とはいえ、結構長く走っていた気がします。
が、とうとう、しばらく行くと、前方に幼稚園を発見しました。
もちろん平日の昼間ですから、園児も先生たちもいます。
もう、助けを求められるのはそこしかありません。
私は掠れる声で「助けて」と叫んで、幼稚園に駆け込みました。
幼稚園の前には、どうやらそろそろ園児が帰る時間らしく、送迎バスが二台止まっています。
突然駆け込んできた私を、幼稚園の先生らしい女性が保護してくれ、追いかけてきた男は、同じく先生らしいエプロンをつけた男性が捕まえてくれました。

その後がどうなったのか。
実はよく覚えていないのです。
送迎バスの付近でもう一悶着あった気はするのですが。


K崎さんがばっちり歪みの国のアリスにはまってくれました。
充電器持って学校に行った甲斐があったというものです。
これでやっと、チェシャ猫好きの仲間が増えた!
久々に追いかけられる夢だったけど、追いかけられるならいっそ、チェシャ猫に追いかけられたいかも、と思わないでもないです。
あ、でも、それも結構怖いか。
| | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0)
お腹がすいたのなら僕をお食べ
悪夢を見ました。
怖かった。
しかも二本立てです。
一本は、左足を切断しようとする夢でした。
どうやら私は左足の爪先の辺りをけがしたらしいのです。
夢の中で、医者らしき人に会いに行きながら、体を支えてくれている誰か(誰なのかはわかりませんでした。男か女かも)と相談しています。

「どうしよう。足首から切ったほうがいいかな」
「でも、そこの怪我なら足の甲の真ん中辺りからでもいいんじゃない」
「そうだけど、歩きにくそうだし。あ、でも、そうか。足首は骨が太くて切りにくいんだっけ」
「そうそう。前、先生がそんなこと言ってたよ」
「確かにね。時間かけられて麻酔が切れても嫌だし」
「義足の用意もしないとね」

こんな感じの会話を交わしていました。
でも、どうみても足を切断するような怪我ではありません。
早まるなよ!
たぶんこれは、寝る前に読んだ本が原因だと思うのですが。
左足、とか足首、というキーワードから察するに。
あー怖かった。


二本目はというと、夢の中の空気を思い出しただけで怖さが甦ってくるので書くのはやめておきます。
凍りつきそうだ。
いや、確かに夢の中の私は凍りついてました。ぶるぶる。
| | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0)
……まあ、きみが望むのならそうしよう。僕らのアリス。
走れ!
台風に言ってやりたい。なんでこんなに遅いんですか。
いい迷惑だ。

今日は台風だしお腹は痛いしで踏んだり蹴ったりだったので家に籠もって連れを携帯でいじめてました。
夜は晩ご飯にワイン飲みながら「Always三丁目の夕日」を見ました。
今ちょっと酔ってるかも。美味しいワインだったので。
映画は全編通して雰囲気が良く、いい余韻の残るものでした。
登場する小説家がものすごいツンデレで笑いました。


昨夜はミニチュアダックスが三匹、テリアが一匹、出てくる夢を見ました。
連れの部屋でいつものメンバーで遊んでいるのですが、なぜかその間をわんこがちょろちょろしているのです。
ものすごく可愛かった。
ダックスは黒の掌サイズと茶色と斑、テリアは真っ白でぬいぐるみみたいでした。
そろそろ帰ろうか、と皆が言い始めたとき、突然黒の一番小さいダックスが部屋中を駆け回りはじめ、誰の犬かはわからないのですがとにかく連れて帰らなければならないのに捕まらず、狭い部屋で大騒動でした。
最後にはちゃんと捕まえられたのですが、手の中で大暴れ。
遊び足りなかったみたいです。


さて、毎日他の人が見つけたのばかりというのも何なので、今日は自分で見つけてきたものを。
そうそう、前回前々回の回答にあった「遊馬」「志道」は自作小説のキャラです。

それでは、本日はこちら「こんな時どうする?100の理想」

続きを読む >>
| | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
男子を足蹴にするとはっ
油断するお前が悪いよ。
この台詞が出たとき、思わず突っ込んでしまいました。ギルガメッシュ、本当にあほですね。
Fateのお気に入りはギルガメッシュと言峰とランサーとアーチャーとライダーです。
脇ばっか。

このところずっと部室にいて時間があるときはFateをやっていたせいか、昨夜の夢にFateのキャラが出てきました。
ちょっとびっくり。
しかも、「ライダーvsギルガメッシュ」
マスターらしき人物も出てきたのですが、どちらのマスターも原作とは違う人でした。というか、ゲームのキャラですらなかった。
どうやら夢で勝手に捏造したみたいです。
地下にあるラウンジっぽいところでライダーとギルガメッシュが戦っていました。
あの二人が屋内で戦うのはだいぶ無理があると思うのですが、なぜかどちらも外に出ようとしないまま。
ギルガメッシュは夢の中でも油断しまくりで、宝具でもなんでもない剣を一本持って、ライダーと対峙しています。
ライダーもなぜか、いつも持っている鎖鎌みたいなのを持っていません。
やっぱり屋内だから?
ギルガメッシュが剣を構えた状態で、
「命乞いをすれば首から上ぐらいは残してやろう」とか言い始めます。
それに対してライダーは、冷笑して
「哀願することになるのは貴方の方です」
と答え、おもむろに目隠しを外します。
魔眼発動!
しかし最初、ギルガメッシュはびくともしません。
「くだらん。たかが石化の魔眼なぞ我に通じるか!」
そう嘲笑ってライダーに斬りかかってこようとします。
しかしライダーは全く動じず、
「魔眼は石化だけではありませんよ」
そう言って近づいてくるギルガメッシュの瞳をひたすら凝視。
ギルガメッシュもわざとライダーの眼を見て余裕綽々に笑いながら襲いかかるのですが、剣を振り下ろす直前に、突然ガクッと膝をつきます。
そして突然、ギルガメッシュがライダーに愛の告白を!
涙まで浮かべて求婚を!
どうやら魔眼が効いたようです。
ライダーは跪いて愛を乞うギルガメッシュを見下ろして、
「では、私のマスターも私も手にかけないように。そうすれば考えてあげましょう」
そう言って、マスターらしき女性と店から出ていきます。
その後を追うギルガメッシュ。
しかし殺気は全くなく、ライダーの周りをうろうろとするばかり…。

こんな感じの夢でした。
Fate知らない人にはさっぱりの内容ですね……。
ギルガメッシュもライダーも原作と全然違うキャラになっている気がします。
特にライダー。
ギルガメッシュはあほだからいいけど。

サッカーで盛り上がっている中、連れの部屋のテレビが壊れているため波に乗り損なって、乗り損なったままW杯が終わってしまいそうです。
いや、テレビが壊れてなかったら波に乗れていたのかと聞かれると、返答に詰まるのですが。
| | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0)
彼はいつまでたっても、ドアというドアを試せば、必ずそのひとつは夏に通じるという確信を、棄てようとはしないのだ。
私はよく睫毛が目に入るのですが、てっきり睫毛の生え方が若干逆睫毛っぽくなってるせいだと思っていたのです。
でも実は、鏡でよくよく見てみると、上と下以外にも、目の真ん中辺りにも端っこの方に睫毛が生えているせいでした。

という夢を見ました。
目に睫毛が入るも何も、それでは目の中に睫毛が生えているようなものです。


ところで、このところ異常なまでに読書欲にかられています。
だからって無制限に買うわけにもいかんので、連れの部屋にある本を片っ端から読んでいたのですが、前からちょくちょく読んでいたせいで、あっという間に私に読める本が尽きてしまいました。
残っているのはホラーと恋愛物のみ。
ホラーは二冊で懲りたし、恋愛物にいたっては、30ページで読めなくなる始末。
古本屋にでも行こうかしら。
…その前に書けって言われそうですね……。
| | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0)
誰かに壊されるのが恥ですか。その程度の誰かですか。
一つ年下の従妹と一緒に激辛うどんを作る夢をみました。
しかもなぜか、屋外で。正確には、玄関のすぐ外。
目の前にドアがあるようなところで、コンロを使って。
うどんは、まあ、この前手打ちうどんに挑戦という無謀なことをしたからだろうけど、激辛うどんなんて食べたこともありません。
うどんの汁が、これ本当に液体か、流動体なのか、と疑いたくなるぐらい汁気がとんでて、辛い塊みたいになってました。
幸い、食べる前に目は覚めましたが、食べたらどんな感じだったんだろう。
夢の中で、器に盛っている間に汗はかくし、目は痛くなるしで、相当辛かったんだろうと思うのですが。

たぶん、うどんが夢の中で激辛になっていたのは、昨日やったゲームで何度も神父がマーボー食べてるシーンを見ていたからだと思うのですが、それにしたって、うどんと激辛を組み合わせなくてもいいだろうに。
ゲームは、前回書いた通り、何度も何度も選択肢間違えては繰り返し同じ日をやっているので、一度見たシーンは飛ばすようにしているのですが、神父のシーンだけは、つい、面白くて毎回懲りずに見てしまうのです。
それがこんな風に夢に影響するとは…。
| | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0)
大変面白い見方でございます。ただ、果たして、それに意味がありますかどうか、何とも申し上げかねますです。
招き猫が人間を売っている夢を見ました。
講堂みたいなところに学生が集まっていて、席は三分の二ぐらい埋まっています。
舞台はなぜか二つあって、大きい方では何かの講演だかガイダンスだかをやっていました。
私は小さい方の舞台を見ていて、そちらは古物市らしく、入れ替わり立ち替わり、誰かが古物というか骨董というか、そんなものを紹介しては売っていきます。
そこで、いきなり招き猫登場。
最初は、その招き猫が商品だと思っていたのですが、なぜかそいつがしゃべりだします。
硬直する観客席。
しかしそんなこと意にも介さず、招き猫は滔々と語っていきます。
曰く「古い風呂を買ったら人間の女がついてきた。何をどうやっても風呂から離れず、結局その風呂は使えずじまいで困っている。我々猫は人間を使用することも、婚姻することもできないから、この人間付き風呂は無用の長物というわけだ。そこで、人間同士なら使い道もあろうと、今日ここに持ってきた次第である。新しく風呂が購入できる程度の値段で売りたい。現物は舞台に乗せるには不向きだそうなので、買いたい人にだけ後で舞台裏でお見せする」
こんな感じ。
そして、この言葉が終わるか終わらないかというタイミングで、それこそ舞台裏の方から女性の悲鳴が。
悲鳴を聞いて、私の周囲にいた数人が逃げだし、数人が職員を呼びに行った辺りで目が覚めました。

人間付き風呂ってどんなだ。
| | 16:07 | comments(2) | trackbacks(0)
窓のないところで、自然を遮断して生きていけるというのは、それだけ、自分の中に美しいものがあるということだろう?
夢の中で、私は左足首に怪我をして車椅子に乗ってました。
それも軽傷用だとかいう、丸椅子のようなもの。背もたれもひじ掛けもなし。
でもちゃんと動いてました。謎だ。

あと、よくわからないテーマパークに行く夢も見ました。
そこにある、やたらと広いお店を数人の友人らしき人たちとうろうろ。
雑貨から飲み物からなんでも置いてるお店でした。

それにしても、どちらもうろ覚えなのが悔しいです。


口内炎悪化中です。
もっと食事に支障のないとこならいいのに。
とりあえずビタミンCを摂取してます。
痛いよぉ。
しかし弱音を吐いている場合ではありません。
明日は朝起きなくてはいけないから、今夜は三時ぐらいにはレポート終わらせないと。

ところで、レポートを書くためにジブリ作品をいくつか見たのですが。
ナウシカを見ていてひっくり返りそうになりました!
ちょっと待って!なにあれ!
私は今までにも何回か見ていたのですが、気づかなかったのです。
みんな知ってるのかな。私が知らなかっただけ?
それとも、借りてきたDVDだけがなんかおかしなことになっているのかしら。
いやいやでも本物みたいだし。海賊版のわけはないし。
と、いうわけで、今まさに誰かに問いただしたい気持ちでいっぱいなのですが、ちょっとここに書いていいものかどうか。
ナウシカ、ジブリ、なんかの検索で引っかかってファンの人が見たら怒るかもしれないし。
な、何かの間違いかもしれないし。
ちょっと書くのをためらいます。
でも近々誰かに会ったら「聞いてー!」と叫ぶと思うので、そのときは聞いてやってください。
一番早く会いそうなのは、明日バイトに来るならwisteriamistさん、そうでなきゃ明後日rollandさんに会いますね。
どちらにしろ、お二人のどちらかには話せるわけですが、きっとしばらくは会う人会う人に言ってそうです。
| | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/7PAGES | >>
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE