うつしよはゆめ よるのゆめこそまこと

主に夢日記を綴る予定です。
タイトルは小説漫画映画歌コピー等々から。
コメントはどなたも遠慮無くどうぞ。
私の小説創作サイト「まほろばの夢」はこちら。
http://doll.secret.jp/dream/dream_index
<< 本(漫画)さえなければ、私の部屋は美しく機能的になり、私の貯金通帳はもうちょっと充実した数字の羅列になっていたことだろう。 | main | お兄さんが調教してやろうじゃないの >>
お腹がすいたのなら僕をお食べ
悪夢を見ました。
怖かった。
しかも二本立てです。
一本は、左足を切断しようとする夢でした。
どうやら私は左足の爪先の辺りをけがしたらしいのです。
夢の中で、医者らしき人に会いに行きながら、体を支えてくれている誰か(誰なのかはわかりませんでした。男か女かも)と相談しています。

「どうしよう。足首から切ったほうがいいかな」
「でも、そこの怪我なら足の甲の真ん中辺りからでもいいんじゃない」
「そうだけど、歩きにくそうだし。あ、でも、そうか。足首は骨が太くて切りにくいんだっけ」
「そうそう。前、先生がそんなこと言ってたよ」
「確かにね。時間かけられて麻酔が切れても嫌だし」
「義足の用意もしないとね」

こんな感じの会話を交わしていました。
でも、どうみても足を切断するような怪我ではありません。
早まるなよ!
たぶんこれは、寝る前に読んだ本が原因だと思うのですが。
左足、とか足首、というキーワードから察するに。
あー怖かった。


二本目はというと、夢の中の空気を思い出しただけで怖さが甦ってくるので書くのはやめておきます。
凍りつきそうだ。
いや、確かに夢の中の私は凍りついてました。ぶるぶる。
| | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mahoroba.doll.secret.jp/trackback/416119
トラックバック
| /PAGES |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE